2008年5月22日木曜日

Japanese foos_Diet_Italy_Mediterranean diet_Olive oil


Italian people にとってJapanese Foodsとは油を使わなくて新鮮で、Dietにぴったりな料理で、その上きれいな和食器や和のインテリアは粋でしかも心にやさしい(ヒーリング)というところらしい。

こうしてJapanese FoodsItalian people の間に浸透したのは、このブームに乗ってJapaneseというよりむしろChineseJapanese restaurants を手ごろな値段でどんどん出したというのも一役買っている。 

特にMediterranean diet と呼ばれるSouthern Italy cuisine は、バターや生クリームではなくOlive oil をつかって、良い食材の持つ味をそのまま味わうように料理するから最高なんだというわけだ。(聞くところによると、Olive oil Raw でとるとCholesterol を下げるらしい)。

確かにItalian cuisine はおいしいし、Japaneseの口に合う。Riceもごく普通に毎日の食卓に上るし、食材も本当に豊かだ。その自然の味をできるだけ生かした料理という点ではJapanese foodsに通じるところがあるかもしれない

まさにところ変わればというところだが、Dietに関して言えば、ItalyでもAmerican cuisine が最もGain weight というのはもう常識に近い感じだが、Dietに中華料理が上がることはなく、Italy全体ではMediterranean diet 、そしてMilanoではおそらくJapanese foodsが一番なのかもしれない

1 件のコメント:

Spider63 さんのコメント...

Post a real photo, not a cartoon.